蕎麦の栄養

ルチンで血管を丈夫に!- 動脈硬化予防、血圧を下げる効能

そばにはルチンが豊富に含まれています。

ルチンには、毛細血管を丈夫にし、動脈硬化の予防や血圧を下げる効果があります。

ルチンは、ポリフェノールの栄養素の一種で、強い抗酸化作用があります。

良質なタンパク質が含まれる- 成長ホルモンを合成する効果

そばには、植物性のタンパク質が含まれています。

そばは、タンパク質を構成しているアミノ酸のバランスがよく、中でもリジンが豊富に含まれています。

リジンは成長ホルモンを合成したり、体の組織の修復や成長に関与しています。

通常、リジンは動物性のタンパク質に多く含まれていますが、植物性のタンパク質のそばに、リジンが含まれているのは珍しいことです。

ビタミンB1も含有 - 疲労回復や精神を安定させる効能

そばにはビタミンB1も含まれています。

ビタミンB1には、炭水化物(糖質)をエネルギーに変える栄養素で、疲労回復の効能があります。

またビタミンB1には、脳や神経の機能を維持する役割を担うため、イライラを解消するなど、精神を安定する効能があります。

食物繊維で腸内環境を改善、便秘を解消する効能!

そばには食物繊維の一種、ヘミセルロースが含まれています。

ヘミセルロースには、腸内環境を整える働きがあり、便秘解消の効能があります。

そば湯は飲むのがおすすめ!

そばの茹で湯には、ルチンなど栄養素が溶け出しています。

特にルチンは、水溶性のビタミンなので、茹でると流れ出てしまいます。

そばのルチンや栄養を効率よく摂るには、そば湯を飲むのがおすすめです。

 

記事は良好倶楽部さんの内容を記載させて頂きました。

 

外部リンク 良好倶楽部さんのホームページ