新そばって何?

新そばはなぜうまい?

 
「新そば」が一番うまいとは良く聞くけれど、なぜうまい?
そもそも新そばってなに?
そばが美味しくなる条件として、そばの成熟期に昼夜の寒暖差が10℃程度と大きく、日中の気温も25℃程度で高くなり過ぎない場所で栽培されたものがよいとされています。
新そばが収穫される時期はこのような栽培条件になる場所が多く、新そばとして出荷されるそばははずれが少ない美味しいそばとなるのです。
日本は北海道から沖縄まで南北に長いため、地域によって新そばが楽しめる時期が異なります。北海道では早いところで8月の終わり頃から、九州や沖縄では遅いところで1月の終わり頃まで、日本全国を北から南へ渡り歩けば実に半年近く新そばが楽しめる計算となります。
 
*夢心では
9月,10月頃〜北海道産
11月,12月頃〜長野産の新蕎麦が楽しめます。
2A1F692C-27DA-458E-975F-0C8B9E9D4696.jpeg写真 昨年夢心に咲いた蕎麦の花
8FA4BF2B-2AB8-4DC0-BC77-F4D313B6C6A1.jpeg
写真 長野の蕎麦畑